lgbkBlog

航海日誌

思い描きました

 

私は 、あるプロ野球チームの黄金時代を築いていた時のショートを守っていました。

体力の限界ではなく、自分自身の都合により球界を去りました。

そして、20数年後に、何かの縁により、、再びそのチームのショートを守るようにと、復帰しました。

今、このチームのショートは人材不足で誰が守っているかわからない状況です。

私は、3番ショートのポジションで働くようになりました。

そして、このチームにはタイトルホルダーが数名いましたが、チームがスランプに陥ると柱としての存在感がなく不振状態が長く、なかなか脱出できないようです。

そこで、、私がその役目を果たすようにと指名されたのかもしれません。

そして、私の過去の実績、指導力、さらに存在感というものが、他チームの主力、若手にも注目を浴び、指導、教育のアドバイスを受けてきました。

球界の精神的支柱として!!

 

と、自分の中に思い描きました。

これは、実際に体験したこともなく、事実ではない話です。

まさしく、夢,夢想、または空想なんでしょうか?

それとも、今後、自分の身にこのような出来事、物事が起こるのでしょうか!?