lgbkBlog

航海日誌

苦情に対し、受け身になってただ聞くのみではなく、さりげない反論をしてみては‼︎

  このようなタイプの人は、相手をねじ伏せてでも、自分の言うことをきかせる。

 

  そして、従属的地位を決定的なものななしていく。

 

  〝これは避けなければ〝  危険な状態ち陥いる。

 

  意味のないおしゃべり、アドバイスを受けるなどといった態度に乗っていくと相手の術中にはまり込んでしまう。これに対し、準備をしっかりすることが重要になる。

 

  このような人に立ち向かうときは、

〝小さな拒絶とちょっとしたユーモア〝

を与えるような行動をとるとよい‼︎

そして、この方法で相手の注意を引き、自分の領地に連れていき必要な力を得て相手と自分の役割の状況を転換させることだ。

 

  ここでのポイントは、いかにして自分の領地に引きずりこむのか、得意分野にもっていくのかが大切であろうと思える。

 

  自分が一職員だとしても、社会的に知識が豊富だとか、いろんな相談に対しアドバイスができるだとかなど社会奉仕ができるとしたら、それも自分の領地ではないかと思う。

 

  そして、自分の領地に入らせるための一つ前の〝小さな拒絶〝において、相手は自分の要求を飲み込ませようと果敢に攻め立ててくる。

 

  そのとき、

 

〝小さな拒絶とちょっとしたユーモア〝

 

のセットが有効に販売できるときだ。

 

  一つの考えとして、〝じらし戦法〝だ。

 

どんどん攻め立ててくることに対して、ちょっと間を置き、相手のペースを変えていく。

 

そして、自分の領地に‼︎

 

  ただ、相手次第では、逆にとらわれて、ますます攻め立てが恐怖に変わっていく場合もあって、注意が必要だ。

 

  こういう場合のために、実地演習、試すことをやっていくことも‼︎

 

このタイプは利く、あのタイプは利かない、ということがわかっていれば、そんなに苦労しないかもしれない。

 

  〝試すこと〝