lgbkBlog

航海日誌

協力し合うパワー

今、サピエンス全史という本を読んでいます。

 

サブタイトルが″文明の構造と人類の幸福″であって、気に入って読んでいます。

 

本の一節に、

人類が誕生した頃、私たちの祖先であるサピエンスのほかに、いくつの人類が存在していた。

たとえば、よくご存じのネアンデルタール人!!

 

ただ、その中で生き残った人類はサピエンスのみであること!!

 

サピエンスだけが生き残ったのか!?

 

サピエンスの特徴てして、二足歩行が

できるようになったとか、火を使うことができるようになったとか、大きな特徴があるようですが、それよりよりも、さらに大きな特徴が架空のことを想像する力、想像力だということ。

 

この想像力には、偉大な力があって、見ず知らずの人たちと協力し合うというパワーがある。

 

これが他の人類にはなく、サピエンスだけが持つことができて、生き残った理由なのです。

 

このことは、現代社会でいえば、″経済″  ″ビジネス″ではないかと思います。

 

それは、いろんなアイデアによって商品が出回って、その商品を見ず知らずの人たちが買って社会に潤いを与えていることだと考えます。